2024年5月23日木曜日

市議会議員共済会代議員会

 都市センターホテルにて開催された、市議会議員共済会代議員会に出席しました。



前日の全国市議会議長会総会にも出席の全国各地の議長のうち、同会代議員を拝命している約130人が出席しました。


議案は令和5年度決算書で原案の通り決定されました。


地方では、地域により議員のなり手不足が深刻化しており、近いうちに地方議会の約3分の1が、無投票となるのではないかとも言われています。若い世代の人を含め、会社員等が家族の将来や老後の生活を心配することなく、議員に立候補し、議員活動を続けることができる環境を整えることは、多様な人材の市議会への参画を促す上で重要な課題です。


全国市議会議長会では、厚生年金の地方議会議員の加入を求める意見書の採択を進めているところです。(門真市議会においては既に意見書を採択しています)

国の社会保障審議会年金部会においての議論が深まり、法整備が進むことが期待されています。





2024年5月22日水曜日

全国市議会議長会定期総会

 東京国際フォーラムにて開催された、第100回 全国市議会議長会 定期総会に出席しました。



長年にわたり在職されている正副議長、議員への表彰状が授与されました(代表の方が受領)。誠におめでとうございます。



会務報告等の後、部会提出議案27件、会長提出議案7件(うち決議(案)6件、会則の一部改正(案)1件)が審議され、いずれも異議なく承認されました。


部会提出議案の中には、「帯状疱疹ワクチンへの公費助成制度の創設並びに定期接種化について」「学校給食費の完全無償化について」「小中学校体育館への空調機設置に関する補助制度の拡充について」「地方における公共交通ネットワークの再構築について」等々、これまで市議会で質問や議論を重ねてきた課題も多く、当然のことながら、全国どこでも共通に、課題として焦点が当てられ議論されているのだなということを、再認識しました。

これらの議案は地域の要望として、さらに委員会で議論を重ねられます。


そして、会長提出議案は

「多様な人材の市議会への参画促進に関する決議(案)」

「地方税財源の充実確保及び地方創生・地方分権の推進に関する決議(案)」

「下請けいじめの根絶を求める決議(案)」

「頻発・激甚化する、大規模災害等からの防災・減災対策及び復旧・復興対策等に関する決議(案)」

「令和6年能登半島地震からの復旧・復興に関する決議(案)」

「東日本大震災からの復旧・復興に関する決議(案)」

でした。全て原案の通り決定されましたので、これらの決議をもって国への要望活動が行われます。


議案審議後は、役員改選と、役職を務められた議員への感謝状贈呈が行われました。


また、珠洲市の番匠議長から、復興支援に対する御礼のご挨拶がありました。



本日承認された要望や決議についてしっかり持ち帰り、門真市において最適な活用を進めていけるようがんばります。

2024年4月26日金曜日

自民党女性局『女性視点の防災・減災に関する提言(案)』

 自民党 組織運動本部女性局・都道府県連女性局による、『女性視点の防災・減災に関する提言(案)』についてのオンライン会議が行われました。

 (#国光あやの 参議院議員・#高橋はるみ 参議院議員・#石田まさひろ 参議院議員)

党女性局が、党女性活躍推進特別委員会と合同で、すでに石川県連女性局やNPO団体等から被災時の課題をヒアリングしており、提言書として取りまとめ作業が進んでいます。

本日は、案文が示され、全国の女性議員からの質疑があり、これらを加味して、さらにブラッシュアップされるものです。

提言(案)は4つの大項目があります。

【迅速な災害対応に資する事前の体制強化】行政・防災担当部署の女性職員の配置促進や、防災会議等への女性の参画、地域コミュニティやNPO法人等との平時からの連携強化など。また、能登の被災地の水道復旧の遅れから、水道の早期復旧のための上下水道の基盤強化等も。

【多様なニーズに配慮した避難所運営の推進と支援の実施】避難所に女性・高齢者・障がい者・赤ちゃん連れ家族スペース等を設置。保育所の財政的支援、仮設トイレに手すり設置、女性用物資の配布時の工夫、女性に負担が偏り過ぎないようローテーションを組むなど役割分担ほか。どれも、実際に被災地からの声に基づく、重要かつ切実な視点です。

【復興期におけるさまざまな支援の強化】定員以上の人員を受け入れている介護福祉施設の実情に鑑み仮設の介護福祉施設の増設等、被災児童生徒の他校での部活動等の交通費助成、DVや児童虐待等の相談体制の充実など。災害時は、DV等が悪化する例があるので、対策に万全を期す必要があります。

【被災して地元から離れた被災者に対する支援の強化】地元からやむを得ず離れた被災者が孤立しないよう精神的サポート、地域の過疎化が進まぬよう人口減少対策など。

いずれの項目も、女性の視点が反映されている指摘が数多くあり、これまでは「困るけれどもなかなか声に出して言いづらかった」ことも、女性議員の活発な活動、発言で、提言書という形となって国政に反映されることは、たいへん良いことだと思います。門真市においても、女性視点の防災、減災のあり方を、より良いものにするために、共に学びながら、前に進めてまいりたいと思います。




2024年1月10日水曜日

守口門真商工会議所互礼会

 開会の冒頭、能登地震でお亡くなりになった方々を悼み、黙祷を捧げました。


壇上でのご挨拶にも、それぞれお悔やみとお見舞い、復興への祈りのお言葉がありました。


◇小倉会頭ご挨拶より要旨抜粋

昨年は混迷を極めた。戦争、物価、エネルギーの高騰、人材不足。

大谷選手とタイガースの活躍は良いニュース、スポーツの力があった。

地域では三井OPとコストコが開業、コロナの扱いが変わり人流、交流が復活。

本来の会議所活動も復活する。

12年ぶりに会員企業が3,000社を超えた。

万博の前売り券を2割引きで販売する。

昇り龍のように発展する一年に。



◇中井副会頭ご挨拶より要旨抜粋

えべっさん、商売人には大切な行事の中

たくさんのご参加に御礼申し上げる。

天災は忘れた頃にやってくる、と言われたが、10年も経たないうちに台風や地震が次々とある。危機意識が大切。

今年はうるう年、パリオリンピックもある。ロシア、アメリカの大統領選挙も。

経済界にも影響があるかもしれない。



約300人近くおられたでしょうか、会場は盛況でした。商工会議所は、地域の中小企業経営者の皆さまとの大切な交流の場です。共に切磋琢磨し、互いに成長できますよう、頑張ってまいります。

2023年12月16日土曜日

看護を考える地方議員の会 研修会

大阪府看護連盟と、看護を考える地方議員の会が合同で、看護職に携わる皆さまのお声を直接お聴きして、課題を共に考え、改善に向けての活動に繋げていく、研修会を開催され、出席しました。

看護職の職場環境実態調査(アンケート)に基づいて、現場リーダーの方々から大きく7つの課題が検討項目として挙げられ、地方議員の会の議員が一緒になって、改善の具体的な道筋を考え、まとめさせていただきました。

現在の日本においては、超高齢社会であり、患者さんも高齢者、認知症の方が増え、必要なケアも増加する現状があり、そもそもの患者数が多く、看護師さんの人数が実態に追いついていないと感じました。

そんな現状で、コロナ禍で充分な現場実習ができなかった新人看護師さんにも、重責の伴う業務量がのしかかり、外国人の労働者の方も受け入れている現状で、必要となる育成、指導の負担がすべて、現場の看護師さんの肩にかかってくる、というかなり厳しい状況が窺えました。

そしてその一方、個人スキルを高めて認定看護師資格、専門看護師資格をとっていても、待遇面の評価は充分とはいえず、キャリアアップを目指すやりがいが見えづらいというご意見もありました。

また、訪問看護については、業務が多岐に渡り、一人で判断する場面も多く責任の重さに負担を感じざるを得ないこと、臨時的、突発的な人手不足で負担になる場面が比較的多いこと、また訪問看護師に対するハラスメント問題も見過ごせない課題です。

あらためて言うまでもなく、人は誰もが病気になったり怪我をします。医療現場において、看護職の職場環境の課題改善をはかり、看護師の皆さまに、職務を安定して遂行していただき、より安心な医療現場を確保していくことは、全ての市民にとって切実な願いでもあると確信します。

本日の研修会でのご意見をもとに、しっかりと活動し、推進してまいります。

ご指導賜りありがとうございました。

2023年12月8日金曜日

障がい者週間ふれあいキャンペーン

12月3日(日)~9日(土)は障がい者週間です。門真市役所では、「ふれあいキャンペーン」が実施されました。

令和6年4月より、障がい者差別解消法が変わり、「合理的配慮」の提供が義務化されます。(これまでは事業者においては「努力義務」であったもの)

「合理的配慮」の内容については、障がい特性や、個々の場面や状況において異なりますが、単に、義務化されたので「しなければいけない」ということだけではなくて、ともに解決策を検討していくための、建設的対話をかさねることにより互いの理解を深め、共生社会の実現に近づけることが法の趣旨であり、なにより重要だと思います。

門真市では、「知的・発達障がい」「視覚障がい」「聴覚障がい」「精神障がい」それぞれの当事者の方が、日常的な困りごとや、合理的配慮についての講話を実施されました。

視覚障がい者の方のお話の中では

・声掛けは「大丈夫ですか?」より「お手伝いしましょうか」の方がありがたい

・小学校からの障がい者教育は大事だと思う(子ども達は素直で理解がはやい)

・視覚障がい者誘導ブロックについて

などがありました。

聴覚障がい者の方のお話では「デフリンピック」の紹介がありました。

2025年、日本ではじめて、デフリンピックが東京で開催されますが、まだまだ、デフリンピックの知名度が高くありません。

デフリンピック(聴覚障がい者の国際スポーツ大会)は1924年に始まり、約100年の歴史がありますが、これまで日本では未開催でした。

日本は、二つの目的

①聞こえない子ども達の夢を育む

②誰もが心豊かに暮らせる共生社会の実現

を目指して招致活動を行い、2025年に日本初開催《デフリンピック東京大会》が決定されたものです。

若いデフアスリートの皆さんが、デフリンピック出場という夢に向かって全力でスポーツの練習に励んでいる姿は、オリンピック、パラリンピックと共通するものです。

個人のサポーター制度もあり、多くの人に認知していただくことで共生社会の実現に近づくことができるのではないかと思いました。


市役所前の芝生広場では、障がい者事業所で作られた作品やパンなどの販売が実施されました。


今日は強い風もなく、ぽかぽかとお日さまが出ていて良かったです。たくさんの市民の方に、ご参加いただけることを願います。関係者の皆さま、担当の障がい福祉課の皆さま、ありがとうございました。




2023年12月4日月曜日

【あましんグリーンプレミアム 末吉竹二郎先生】

 環境改善に寄与する技術・製品・アイデアなどを表彰する、『あましんグリーンプレミアム』授賞式が行われました。

https://www.amashin.co.jp/news/2023/n20231110a.html


第一回目の受賞企業として今年もご招待いただきました。授賞式に先だち行われた国連環境計画・金融イニシアティブ 特別顧問 末吉竹二郎先生の基調講演を拝聴しました。末吉先生は、まさに今、ドバイで行われている、COP28にご参加のため出発される直前。いつにも増して貴重なご講演でした。




《以下、ご講演のメモです。末吉先生ありがとうございます。》


テーマは「地球沸騰時代」の到来


グテーレス国連事務総長が警鐘を鳴らす、気候崩壊、地球沸騰時代という言葉は、決して大げさではありません。今が最後のチャンスであると、真実を伝える言葉です。


気温、海水温、今年過去最高を記録し、南極の海氷も面積が減少。日本の異常な高温、世界のco2濃度が過去最高、全てデータがはっきりと出ています。


ハリケーン被害、山火事被害も多発、公衆衛生、医療システムも影響を受けて危機にさらされています。この10年で、熱中症の死亡者数は85%増加、水の安全や食料生産も危機に陥ります。


EV競争は中国が台頭していますが、電気貨物飛行機も登場しています(イスラエル製)


再生エネルギーは、これを牽引する中国、EU、米国、インドに、日本は遅れをとっていると言わざるを得ません。

EUではサーキュラーエコノミーアクションプランとして“消費者が修理できる権利”という新たな概念が登場しています。製品に、消費者の権限強化をのせて、耐久性、信頼性だけでなく再利用、修理、改修まで考慮した“エコデザイン”にシフトしています。


日本でもGX推進法があり、産業・エネルギー政策の大転換を図ろうとしていますが、たとえばカーボンプライシングの本格導入が2026年度(EUは2005年導入)と、全体的にスピードが遅すぎるのではないかと懸念されます。


ドバイでのCOP28では、「1.5℃目標は不変」と、産油国でもあるUAEのジャベール議長は、型破りなリーダーシップを発揮される方のようです。

日本も、世界と、切迫感、危機感を共有して、科学的、論理的な議論を、猛烈なスピードを持って、合理的な脱炭素の決定をしなければなりません。


Humanity has a choice : cooperate or perish (cop27開会の挨拶より)


末吉先生ありがとうございました。