2023年1月23日月曜日

夢と希望の教育の取組【小野市】

 河北市議会議長会・先進都市視察等研修に参加し、兵庫県小野市を訪れた。

視察のテーマは小野市独自の取組、「夢と希望の教育」。この内容が、様々なポイントで目から鱗、大いに感銘を受けたので、忘れないうちにブログに記す。







◆小野市の基本理念

「国際社会の中で たくましく活躍できる 心豊かで自立した人づくり」

今、様々な社会の変化が、対応しきれないスピード、規模で、起こっている。その中をこれから生きる子ども達。未来を自ら切り拓いていかねばならない。そのための力をつけることが、すなわち教育であると考えるので、この教育理念には納得、共感する。

(門真市の教育大綱の基本理念は、本市のめざすまちの将来像「人情味あふれる!笑いのたえないまち門真」の実現に向け「子どもを真ん中に、地域みんながつながる門真の学び」です。)

◆脳科学に基づく教育

東北大学教授川島隆太氏が、平成17年10月から、小野市の教育行政顧問に就任。「脳の司令塔」である「前頭前野を鍛える」ことを基本に、「生きる力」を育み、心の教育につなげている。ここでのポイントは、「脳科学」という、科学的な根拠を用いて、施策を組み立てていること。学校も、自信を持って施策をすすめられるし、先生方も同じく、理論的科学的自信を持って教えることができる。保護者も理解できる。つまり、教育の取り組みが、脳科学をベースにすることで、子どもと周りの大人たちが同じ方を向いたベクトルを持てるということ。前頭前野を鍛えるのは、簡単な計算や音読。そして学力だけでなく、基礎体力、家庭学習の習慣化、朝食を食べること、全て、脳科学に基づき、脳を健康に育てて子ども達が夢と希望を叶える学びなのである。親にしたら、自分の子どもの”脳を育てるため”の取組に、反対する人はほぼいないのではないか。そして、それが超難解であれば困るが、基礎が中心であるから、誰もがやりやすいやり方である。

この、脳科学と教育について、とてもわかりやすいリーフレットが作成されている。この内容を、知っているのといないのとで、随分な差が開いてしまうように思う。川島先生の監修に基づく、脳科学の知見。これが保護者全員に配布されているので、読んだ保護者は学校教育に対する信頼も高まることと思う。(A4が8ページ分、川島先生監修。)


https://www.city.ono.hyogo.jp/kosodate_gakko/school/yumetokibonokyoiku/7447.html

◆重点施策1 おの検定

小中学校統一の、小野市独自の検定、おの検定を実施されている。内容は漢字、計算、国語など基礎学力を定着、豊かな心を育むシステム。学力だけでなく、体力も検定に組まれている家庭学習の習慣化や、朝食を食べることも。すべて脳科学という根拠に基づいているので、効果につながることがわかりやすい。驚いたのは、先生方が、独自のテキストを自作されていること。いわゆるドリルだが、市販のものとは違って、現場の先生方ならではの視点で、工夫が施されている。(問題や挿絵や、ヒントなど)これは、保護者としたら感激すると思う。

◆重要施策2 小中一貫教育 16か年教育

小野市では、平成16年から小中連携教育に取り組み、平成28年に市内全校区を小中一貫教育校にしている。(校舎はそのままで、学習内容を小中一貫にしているとのこと)。脳の発達の時期で重要な「10歳の壁」に着目し、特に10歳~13歳の時期に学びの一貫性を確保し、次のステージへ移行できるように、科学的に考えられている。(門真市は、現在、初の小中一貫校建設に向けて、学校の名称募集等、準備中です)

16か年教育とは、「マイナス1歳から15歳まで」。はじめの、おなかの中の赤ちゃんから5歳までは1stステージ。前頭前野が爆発的に成長するこの時期、小野市では教育部と健康増進課が連携して、パパママサロン、7か月児教室、子育て支援教室にも、脳科学の知見が取り入れられている。語りかけ、だっこ、あやしが赤ちゃんの脳を成長させ、心を育てるということだ。

5歳から10歳までの、2ndステージでは、。幼稚園・保育園と連携し小学校生活をスムーズにスタート、ひまわりカードで生活習慣を確立、おの検定で、基礎学力、体力を養い、心を育てるというシステム。10歳~15歳の3rdステージは、再び、脳が急激に成長するゴールデンエイジ。基本理念にも謳われている「自立」に向かう子ども達を家庭と学校で、サポートされている。一貫して、脳科学に裏打ちされたシステムで進めてきているので、理解しやすいと思う。この時期にICT教育も学力向上に活躍します。

◆重要施策3 小野市型学力向上 教育環境整備

自主的な公開授業で、教員の授業力向上につとめている小野市。活用・探求型の学力向上と、理数教育に力点を置いているのがポイント。学校の科目の中で、いちばん重要なのは、国語だと私は考えるが、その次には、「理科離れ」などどいわれて久しい理科、ではないだろうか。特に、子どものころから、科学的思考力は重要だし、動物や植物(生物)にふれて、興味を持つことが必要だと思う。生物に興味を持ち、やがて、医療や、環境、農業や、バイオサイエンス、、、いずれも大変重要な分野の研究に取りくむ人財を育てることが必要。

教育環境整備では、学校と教育委員会の新しい関係を築いているとのこと。教育委員会改革として

①教育委員会の学校定例訪問廃止 ②市の研究指定の廃止 ③学校独自の研究活動のための自由裁量予算(各校50万円)措置 ④教員全員向けの定例教育講演会廃止 ⑤夢と希望の教育推進委員会設置 ⑥卒業式の告示の廃止 ⑦冊子「小野市の教育」をやめて、新たに、リーフレット「夢と希望の教育」を保護者全員に配布

作っておられるリーフレットは、どれも、ほんとうによくできています。(わかりやすく、詳しく、内容が濃く、役に立つ。)自作のテキストをつくられる先生方、良いリーフレットをつくられる教育委員会、感服いたしました。

教育は社会の根幹。本日は、多くを学ばせていただいた。先進事例を参考にさせていただき、門真市の教育向上のために、ともに考え、前に進めるべく、活動してまいります。



2023年1月15日日曜日

関西フィルハーモニー ニューイヤーコンサート in門真

 「ブラボー!!」

思わず叫びそうになるくらい、今日の演奏も素晴らしかった!

関西フィルハーモニー管弦楽団による、『ウィーンと世界のニューイヤーコンサート』。

プログラムは、第1部はヨハン・シュトラウス2世の、喜歌劇「こうもり」序曲にはじまり、「ピチカートポルカ」は、ピチカート奏法のかわいらしい音色を堪能。第2部は、超有名な曲目「カルメン」から、ドビュッシーの「月の光」で美しいメロディーにゆったり夢心地に。最後の「管弦楽のためのラプソディ」は、初めて聴きましたが、びっくり!!オーケストラの、幅広い演奏技術、豊かな表現力が、すごくひろがる曲目でした。

(プログラム全曲は画像をご覧ください)

門真市のルミエールホールに、‟関フィルさん”が拠点を移してきてくださって、約2年が経過。門真に住んでいる私にとって、「自転車で、ちょっとオーケストラを聴きに」という、なんとも贅沢な、芳醇な、ワクワク時間をいただき、ありがたく聴きにいかせていただいております。

本日の演奏会でも、首席指揮者の藤岡幸夫氏が、何度も何度も、「幸せです」と、客席に向かっておっしゃってくださいました。拠点を門真市に引っ越してきて、門真の皆さんにあたたかく迎え入れてもらって、そして練習拠点のルミエールホールに満席のお客様が聴きに来られる、とても幸せです、門真が第二の故郷と思って、これからもコンサートを行っていきます、とのお言葉に、会場は割れんばかりの拍手に包まれました。

コンサートが終わった後、皆さん口々に、「よかったわ~」「門真で(コンサートを)やってくれはるから、(大阪市内まで出なくていいから)行きやすい」「曲目もよかったね~」と、幸福な笑顔で帰路につかれていました。これはもう、関西フィルと門真市民、相思相愛の恋に落ちている。。と言っていいのではないでしょうか。

これまでも門真市では、門真市音楽協会さん主催の演奏会(稀少な楽器、チェンバロの音色が素敵!)、みんなでつくる門真の第九、ルミエールロビーコンサートなど、クラシック音楽に親しむ機会がありました。ここに、関フィルさんが加わり、オーケストラからソロ演奏まで、さまざまな形でのクラシック音楽を聴かせていただく機会がぐっと増えたわけです。また、クラシックだけではなく、三味線、和太鼓、ギター、歌手、、、いろんなジャンルの音楽家が市内に居られます。

コロナで大打撃を受けた業界の一つが音楽ですが、傷ついた心を癒したり、懐かしさや安らぎ、心地よさを感じたりして、人の気持ちを修復し元気にすることができるのも、また音楽ではないかと思います。

門真市がいよいよ、ますます、音楽があふれるまちに。ありがとうございます。






2022年12月14日水曜日

門真市文化や情報とふれあう手話言語条例

 本日12月14日(水)、門真市議会本会議におきまして、

『門真市文化や情報とふれあう手話言語条例』が全員異議なく可決されました。

この条例の制定に向けては、当事者である、門真市身体障がい者福祉会ろうあ部会の皆さんが、7年以上にわたり要望活動を行い、市も手話言語条例制定委員会を設置してともに検討、調整を重ね、12月議会に上程されたものです。

私は、#今井絵理子 参議院議員の勉強会で、手話言語条例について学び、当事者、関係者の皆さんにレクチャーを頂きながら、9月議会本会議の場で条例制定について、一般質問をさせていただきました。

12月議会では、民生水道常任委員会の場で、各会派の委員も皆さん質問、要望等を述べられ、この条例制定について、多数の議員が注目しており、高い期待を寄せていることが明らかでした。

本日の本会議の場では、私は自民党会派を代表して、賛成討論を述べさせていただきました。

15人の方々が傍聴にお越しになり、傍聴席にて可決の瞬間を見守り、議会休憩時間に記念写真を撮影されました。

これまでのご活動に敬意を表し、これから門真市がこの条例制定を契機として施策をより推進し、手話が言語であることが広く認識され、門真市が共生社会の実現に近づけるようしっかり発言してまいります。

【賛成討論全文】(冒頭の網掛け部分は自分で手話を付けました)

議席番号5番 自由民主党 池田治子です。議案第60号 門真市文化や情報とふれあう手話言語条例の制定について、自民党を代表し賛成の立場より討論を述べます。

この議案につきましては、12月2日に開かれた、民生水道常任委員会において、公明党、おおさか維新の会、日本共産党の、各会派の委員より質疑等がなされ、具体的に啓発事業等に取り組むよう、要望もなされていました。 

私も、9月議会において、質問をいたしました。当事者である、門真市身体障がい者福祉会ろうあ部会の皆さんが中心となり、これまで条例制定を目指して7年以上にわたり、要望活動が行われてきたこと、2006年に国連総会で、障害者権利条約が制定され、2011年に障害者基本法が改正されて「手話は言語である」と法で位置付けられているのに、いまだ、言語としての手話が広く認識されていないこと、そしてそれらの、手話という言語に対する理解が広く深まっていないことにより、ろう者の不便や不安を生み出してきたこと、等を、述べました。

 本議案の、門真市文化や情報とふれあう手話言語条例の制定は、これまで長きにわたり、不便や不安を感じることが多かった当事者の方々にとって、悲願であったと思います。

本議会での条例制定を契機として、各会派の委員からもすでにご意見がありましたように、理念を示すだけではなく、今後市民の理解が明らかに広まり、深まるように、これまで以上に、具体的な、工夫した施策が実施されるよう期待するものです。

 広報かどま12月号では、第1面、第2面の2ページを使って、障がい者週間の、特集記事が掲載されました。これまでも毎年、12月号には障がい者週間の啓発記事がありましたが、今回の紙面は、特に、高く評価したいと思うものです。それは、第1面の写真です。お二人の市民が、全くの自然体で、手話で日常会話をしている、普段の風景を写し取ったものであるからです。手話が言語であること、ろう者は手話によるコミュニケーションを図る権利があることについて、市民理解を深めていくために、広報かどまのこの記事は、たいへん有効であると考えます。

 主管する障がい福祉課のみならず、全庁職員が一丸となって取り組むことで、真に市民に寄り添う、共生社会の実現に近づくことができるものと考えます。 

今回の条例制定を機に、これからの施策がより充実し、推進されることを期待して、賛成の討論といたします。


           (議案第60号 の、60の手話です)



2022年10月1日土曜日

大阪実践経営塾 9月例会

「他社(よそ)とは違う!
これこそが我が社の強みだ!」をテーマに、3人の、若手経営者・次世代経営者による、講演会を拝聴しました。
私も約20年間、企業経営に携わり、途中で新会社を設立して創業代表取締役となり、ただただがむしゃらに経営してきた者として、懐かしいようなうれしいような、そしてまた、眩しく、頼もしく感じながら、三者三様の熱い思いを聴かせていただきました。
若き世代の経営魂にふれることができ、たいへん実践的で有意義な例会だったと思います。
元気を分けていただいて、私も現在の責務を果たしていくべく、精進してまいります。

2022年5月22日日曜日

大阪社会福祉士会 北河内支部 研修会





ルミエールホール研修室にて、大阪社会福祉士会北河内支部研修会が開催されました。

KADOMA中学生勉強会を創設し、代表をつとめられている、八上真也氏(大阪府庁職員)による「子どもたちの選択肢や価値観が広がるように〜KADOMA中学生勉強会の取り組み〜」と題したご講演を拝聴しました。

活動の概要紹介にはじまり、子どもの貧困の現状をデータに基づいた分析により解説、活動を始めるきっかけや必要と思われる"学習支援"についても詳しくお話しいただきました。

KADOMA中学生勉強会の取り組みは、設立当初から注目しておりますが、本日のご講演では、これまでの経緯や背景も含め、まとめてお話を聴かせていただき、あらためてすばらしいご活動であることを、敬意を持って再認識した次第です。

昨年、「令和3年度未来をつくる若者・オブ・ザ・イヤー」の内閣府特命担当大臣表彰を受賞された時にもブログを書きましたが、子ども達と大学生ボランティアの皆さんの未来を、明るく輝く光で照らす、大臣表彰にまさに相応しい活動内容であると確信しています。

今後ともますます、ご活躍されますことを、そしてKADOMA中学生勉強会が、楽しく継続されて、多くの子ども達の未来がキラキラと輝くことを、ご祈念申し上げます。
本日はありがとうございました。



2022年2月11日金曜日

三宅奈緒子さん写真展『まちとひと 声をつなげて』

守口市立図書館で開催中の、 #三宅奈緒子 さんの写真展『まちとひと 声をつなげて』を拝見しました。
三宅奈緒子さんは、守口市のFM-HANAKO、尼崎市のFM-aiai で、それぞれレギュラー番組をつとめておられ、門真市民の中にもファンがたくさんおられる、人気パーソナリティとして有名な方ですが、写真家としても、守口市テルプラザなどで毎年個展を開かれるなど、幅広くご活躍されている女性です。
三宅奈緒子さんが撮られるお写真は、日常の何気ない普段の風景を、時に瑞々しく、時に鮮やかに、情景豊かに切り取った作品が多く、懐かしいようなほっとするような、あたたかみが感じられます。多くの作品が守口市内、(一部門真市内)で撮影されていることも、私達にとって馴染み深い風景です。町の魅力を十二分に引き出して、美しさを再発見させてくれる作品ばかりです。
個人的には、砂子水路の観桜舟保存会の皆さまのお写真は、今となってはかけがえのない一枚であり、貴重なものです。
今回の展覧会では、これまで描きためてこられた絵本や、普段使っておられるカメラやペン類など、盛りだくさんに展示されていて、奈緒ちゃんファンはもちろんですが、多くの皆さまにお楽しみいただけるのではないかと思います。
27日まで開催されていますので、ぜひ、ご覧いただければと、おすすめいたします😊

2022年1月12日水曜日

議員勉強会(自治体DX、町おこし)


市役所にて、議員の勉強会が開かれました。講師は、世界で培ったビジネス創造や事業再生のノウハウを駆使して地域再生、支援に取り組んでおられる #福井正輝 氏。
昨年7月に、自治体DXをテーマに議員勉強会の講師をおつとめいただき、本日は2度目のご登壇となりました。

「門真市民ならどんな門真市であってほしいか?」
「どんな門真市なら住み続けたいのか?」
この問いの答えに近づくためのヒントを、2時間のディスカッションの中で模索する試み。議員それぞれの目指すものと、先生が日本各地で手がけてこられた地域力向上の取り組み具体例の、リンクする部分を教えていただき、いろいろと参考になりました。
行政の施策は、年度単位で考えることがベースですが、「住み続けたい市民」が「町を良くするために頑張り続けたい」事業は継続性が不可欠。この、継続性の担保は、ひとつのポイントで、行政サイドも工夫が必要だと思います。門真市は、「市民力」がたいへん高いまちであると私は考えておりますので、その“優良資産“を活かすためにも、より深い理解と共感の姿勢が求められます。
また、子ども達のキャリア教育のエピソードがありました。楽しい体験やゲームなどではなく、子ども達が見たことのない、遠くの街(浅草)を見学し、その街づくりを担ってきた大人達(浅草商店連合会役員)の話をじっくりと聞かせ、考えさせる。そのことによって、結果として、子ども達の学力が県下トップに向上したこと、大人達の取り組みも継続してステップアップしていることを話され、たいへん興味深く拝聴しました。
門真市においては、パナソニックの本社所在地であることから、デジタル化においてあらゆる方向の可能性がある、と。高齢社会において、デジタルの利点を最大限活かし、欠点を最小限にとどめるためにも、高度な専門家がたくさんおられる地元企業と連携を取らない手はないと思います。
いただいた知見を参考に、今後の活動に活かしてまいります。
ありがとうございました。

(写真は、昨年行われたKADOMA ART FES の時に撮影したものです)

※福井氏が携わられた、皆野町のデジタルエコ農園