2020年10月17日土曜日

門真市シルバー人材センター設立40周年記念式典

本日はルミエールホール大ホールにて、
門真市シルバー人材センター40周年記念式典が行われました。

第1部では、シルバー人材センターを支えてくださった、市内企業各社に対して感謝状が贈られ、また、シルバー会員さんの中で功労者、永年会員、ボランティア活動、それぞれについて表彰状が贈られました。長きにわたるご功績に、感謝と敬意を表します。

誠におめでとうございます。

記念講演として、気象予報士・防災士の正木明氏(テレビ「おはよう朝日です」お天気キャスター)が『自然災害から高齢者の命を守る』をテーマにお話ししてくださいました。





正木氏は、天気予報の見方のポイントとして
①天気予報に出てくる情報が、何を伝えているのかを正しく理解する
②天気予報は、必ず新しいものを使う
③悪天のときは、気象情報は自分から取りに行く
の3つを解説してくださいました。

また、災害時の「自助」(自分の身は自分で守る)
「共助」(地域社会内での情報共有、防災訓練、家族間の防災意識向上)
そして、「警戒レベル3で高齢者は避難を!」と、重要なことをわかりやすく
お話しくださいました。

また、「人間は自然にかなわない」と、自然に対して謙虚な気持ちを持つことの大切さ、
環境破壊について考えることの重要性、と、示唆に富む良いお話をしてくださいました。
大切なことを凝縮したすばらしいご講演、誠にありがとうございました。

☆☆☆

午後からの第2部は、パナソニックLS吹奏楽団による素晴らしいアンサンブル演奏で始まりました。密を避け、距離を保って、少人数で工夫を凝らしたアレンジで、名曲の数々を聴かせていただきました。

続いて、門真市の郷土芸能、「ひんや節」が披露されました。
次世代へ継承していこうと、保存会の皆さまが、唄い、踊り継いでいるひんや節。
今回から若い新メンバーも加わってくださり、伝統文化の継承に心強いチーム編成となりました。ありがとうございます。


プログラムの最後は
「カドマダムッシュの集い」~人生100年時代 歌と踊りでつづるファッションショー~
昭和、平成の時代を歌とファッションで振り返る、壮大なビッグショーとなりました。
モデルさんはもちろん、シルバーの会員の皆さま!!
衣装はもんぺ、真知子巻き、スポーツ、子どもたち、花嫁と、超豪華に盛りだくさん!!
手作りの衣装もふんだんに、華やかに楽しく、ステージで歩き、舞い、ダンスする姿は
とても「高齢者」とは見えません!皆さん、少女、少年の笑顔です。
いつもご指導をいただいている、シルバー会員の皆さまの生き生きとした晴れ姿を拝見し、
胸が熱くなりました。


会場の外のホールロビーでは、会員さんが丹精込めて育てた門真れんこんと、関連商品の販売ブースが開かれ、こちらも大賑わいでした。


また、今日の来場者へのお土産として、レンコンの葉を摘み、ちぎり、煎じ、漬け込み、
乾燥して染め上げた、「蓮の葉染」のハンカチをいただきました。
門真市シルバー人材センターにしかできない逸品です。ありがとうございます。


今日の40周年式典は、コロナ禍の中、細心の注意を払って開催されました。
シルバーさんの力を結集して、ほんとうに素晴らしい式典だったと思います。
これからも、きらきらと、生き生きと、ますます笑顔あふれる日々をお過ごしいただきたいと思います。お健やかに、楽しく、末永くご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。





















2020年9月25日金曜日

門真市国土強靭化地域計画

門真市では今、門真市国土強靭化地域計画を策定しています。

これは「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靭化基本法」に基づき、地域の強靭化を計画的に推進するために作成されるものです。

この計画は門真市地域防災計画など他の各計画の指針となるものであり、門真市第6次総合計画と整合が図られます。

いかなる自然災害が発生しようとも
①人命の保護が最大限図られる
②社会の重要な機能が致命的な障害を受けず維持される
③市民の財産及び公共施設に係る被害の最小化
④迅速な復旧復興
を基本目標としています。

この基本目標を達成し、安全・安心を確保するため、
①市民の主体的な参画
②効率的効果的な施策推進
③的確な維持管理
④広域連携の取り組み
を特に配慮すべき事項と定めます。

9月議会一般質問におきまして、「門真市国土強靭化地域計画の進捗状況について」確認をいたしました。「近日中に案を庁議に諮ったのち、パブリックコメントを実施し、12月には策定する予定」との答弁をいただいております。

2020年9月11日金曜日

市民文化会館利用料金の5割を補助する利用者支援補助金を含む補正予算議案

現在、門真市議会は第3回定例会を開いています。先日の民生水道常任委員会に付託された議案の中に、市民文化会館運営事業(新型コロナ対策)に係る歳出予算の追加を含む補正予算議案がありました。
これは、市民文化会館の大ホール、小ホールについて、新型コロナウィルス感染拡大防止のための入場制限等による利用者中、主催者の負担を軽減するため、利用料金の5割を補助する利用者支援補助金に係る歳出予算920万2千円を追加する議案です。

実は、6月の第二回定例会において私は、文化活動を継続するための支援について一般質問を行い、その中で「発表機会と収入が著しく減少したアーティストへの直接的な支援はもとより、今後の活動で人数制限を行った場合、より大きなスペースを確保することで増額する利用料の支援策も必要です」と述べておりました。

それについての市の答弁は、「人数制限に伴う施設利用料の減額につきましては、指定管理者の収入の減少に直結することとなり、文化•芸術活動の拠点としての社会的役割の継続性を確保していく上で、実施は困難であります」とのことでしたが、このたび新型コロナウィルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用することにより、補正予算として議案が上程されました!

この議案が可決されればルミエール大ホール、小ホールについて利用料金の5割を補助する利用者支援補助金が実施される運びとなります。

これからも、文化・芸術活動の支援について、引き続きしっかり発言してまいります。

2020年9月8日火曜日

門真市子育て支援親善大使 川﨑美千江さん

本日は、総務建設常任委員会が開かれ、傍聴いたしました。
その後、午後から門真市子育て支援親善大使で、テレビ番組『おはよう朝日です』リポーターの川﨑美千江さんにお会いしました。
川﨑美千江さんは、今年50周年を迎えた門真納税協会の広報誌を彩るゲストとして、特別インタビューに応じられました。
子育て支援親善大使としての想い、テレビ番組リポーターの仕事について、特技の空手のお話など、気さくなお人柄そのままに、楽しく真摯にインタビューに答えておられました。
お二人のお子さんを育てながら、ご両親の健康を気づかい、早朝からのお仕事もこなされているミッチー。
毎日フル回転で走りながらも、子どもさんと一緒の空手の時間が"至福の時"。優しい素敵なお母さんです。
門真市で生まれ育ち、ふるさと門真のまちと、まちの人々との絆を大切に考えて、行動しておられるミッチーのお話は、心が温まります。
これからも、元気に楽しく、テレビでリポートしていただきながら、子育て支援親善大使としてもますますご活躍いただきたい川﨑美千江さんでした。
本日はありがとうございました。

2020年8月24日月曜日

映画「いただきます」上映会

ルミエールホールにて、映画「いただきます」を鑑賞し、関西医大医化学講座 中川学先生のご講演「食と発酵について」 を拝聴。

You are what you eat.

食べたものが私になる、なるほどその通りです。

玄米、糠漬け、味噌、野菜、、

醗酵食品の重要性、和食のすばらしさを、あらためて認識しました。

子ども達を、しっかり、これらの食事で育てることができたら。

映画の舞台となっていた、高取保育園では、実に理想的な食育環境を実践しておられます。


http://www.takatorihoikuen.jp/education


食べることは生きることそのもの。食事をする全ての皆様に、ぜひおすすめしたい映画でありました。

ありがとうございました。

2020年8月14日金曜日

門真国際映画祭2020

8月13日〜15日の3日間、門真市のピカイチ恒例イベント「門真国際映画祭2020 」が行われています。
今年は、場所をルミエールホールに移しての開催。一階小ホールに加え、研修室、和室も映画スクリーンに!
「映画で世界は繋がれる」のサブタイトル通り、世界中から集まった応募作品の中から、選りすぐりの入選作品を、門真市のルミエールホールで鑑賞できます。
そして、今年はWEB会場も、開設されているので、おうちでも映画祭が楽しめます。映画は大きなスクリーンで観たいけど、なかなかルミエールまで足を運べない方々もたくさんいらっしゃると思いますので、ぜひWEB会場で門真国際映画祭をお楽しみいただければと思います。
現地ならではのお楽しみは、ルミエールホールのTUMIKI COFFEE で、映画祭3日間限定メニュー!
美味しくて気分も上がることまちがいなしです。
キャンペーンモデルの美少女から、アメちゃんをもらって、スクリーンでまったりしてくださいね。コロナ対策も、しっかり入念にされています。

2020年7月16日木曜日

自民党女性局全国女性議員政策研究会

本日は、自民党女性局全国女性議員政策研究会が東京で開催され、リモート参加しました。
テーマと講師の先生方は
研修① 【憲法改正】山下貴司 衆議院議員
研修② 【コロナ下におけるテレワークやデジタル化について】平将明 衆議院議員
研修③【安全保障】河野太郎 衆議院議員
研修④【新型コロナウィルス感染症について】自見はなこ 参議院議員
研修⑤【子どもたちと生きる政治】野田聖子 衆議院議員
研修⑥【生命の安全教育】上川陽子 衆議院議員
でした。

たいへん、中身の濃い、とても勉強になる内容で、あらためてそれぞれの政策分野でエキスパートとして力を発揮されている先生方に敬意を深めるとともに、いただいた知見を、門真市においても活かしてまいりたいと思いました。

リモートで参加可能になったことで、全国から120名を超える女性地方議員が参加されており、有意義な一日でありました。

内容を復習しながら、しっかり活用してまいります